導入事例 座標計算システム

座標計算システムCCS-COREの詳細
  

Q1.CCS-COREはどの様な現場で使用されていますか?

 久保様:精密金型部品加工エリアで使用しています。
具体的には
①ワーク固定用冶具センターから端面までのピッチ(絶対値)測定
②加工前、加工後の切削量比較
③加工中のワークを冶具毎取り外し、測定後の追い込み加工(μ単位)
④2μ単位でのピッチ補正に使用しています。

Q2.CCS-CORE導入の決め手は何でしたか?

 久保様:私の問題視していた、工具顕微鏡ではなし得ない以下2つの課題
①人毎の測定ポイントの統一(測定値の信頼度向上)
②人毎の測定誤差軽減
を可能にするには、プローブでの3次元測定か画像測定しかないと考えていました。
市場での画像測定保証値は、5μ程度ですが、私の構想を実現するには 最低3μ以下での絶対値を必要としていた為、多少あきらめていました。
しかし、私の構想をお話した後、「特注照明装置を作成する事で実現可能です。」
と提案して頂いたのが決め手となりました。

Q3.今回、高い精度で測定を行う為
に特注照明装置を付けて頂きましたが、結果は如何でしたか?

弊社で設計・組み立てを行ったヘリコイド式照明装置
矢印斜光照明の説明
 久保様:色々な意見交換を行い照明装置
を設計して頂いた結果、私の目的とする段差や形状、C面が掘り込まれているワーク測定や、外部芯だしが2次元で出来るようになりました。

Q4.CCS-CORE導入前と導入後の違いについて教えてください。

 久保様:鏡筒等のカム部品加工で、製品に2μ程度のバリが出て修正となってしまう場合があります。
以前は組み込んだ後5軸加工機で、切り子量を見ながらの現物修正加工を行い、後何ミクロン、後何ミクロンと何度も修正を行っていたのですが、 導入後、単品で3軸加工機で寸法管理しながらの加工が出来る様になり再加工修正依頼が無くなりました。
画像での測定精度を±3μ(私のクリア値)ですが信頼出来るようになりました。

Q5.イノテックの評価について教えてください。

 久保様:無理難題でも何か考案して頂ける。
そして仕様変更をおこなっても敏速かつ柔軟な対応力がすばらしく、挑戦意欲と向上心を持った会社であると感じます。

インタビューありがとうございました。