自動フォーカス合成システム

自動フォーカス合成システム ImageView

顕微鏡にカプラを取り付け、自動的にZ軸を移動しながら、焦点合成を行うシステムです。
また、撮影サンプル毎に、カメラ情報の設定、ワークの高さ情報、撮影枚数の設定が行えます。
多種多様なサンプルを合成しながら撮影する際に威力を発揮します。

こんなお悩み解決します!
  • 高倍率で全てのピントが合っている1枚の写真を撮影したい。
  • 合成を行うのに、Z軸ステージ、マウスと持ち替えるのが面倒だ。

1クリックで自動フォーカス合成


 ▼抜群の操作性で自動合成
特徴1

抜群の操作性で自動合成

抜群の操作性で自動合成

予め、製品毎に、製品ワークの高さと、カメラの撮影条件を登録しておけば、1クリックでフォーカス合成をしてくれます。
また、ソフトからカプラを制御して、Z軸の上下移動も行えます。


スペック


構成 画像処理装置(デスクトップPC)
24インチ液晶モニタ
USB CCDカメラ
カプラ
画像処理装置 対応OS Windows 7 Professional
CPU Pentium(R)プロセッサー 2.6GHz 以上
メモリ 4GB以上
HDD 320GB以上
CD-ROM DVDスーパーマルチドライブ
ポート USBポート(プロテクトキー装着用)
アプリケーション Microsoft Office Personal 2010
カメラ構成 規格 200万画素カラーCCD
出力画素数 1600×1200
撮像方法 単板式インターライン型
プログレッシブCCD
関連商品
QuickGrain Standard

画像寸法計測・粒子計測ソフト QuickGrainStandard
手動でフォーカス合成の他に、計測機能も充実

区切り
写真撮影・保存システム ImageView

写真撮影・保存システム ImageView
手動フォーカス合成の他にも、効率的に写真を撮影したい場合

メールでのお問い合わせ