黒鉛球状化率自動計測装置 QuickGrain G5502 Auto

黒鉛球状化率計測ソフト  QuickGrain G5502



QuickGrain G5502の測定機能と同等の測定が行えます。更に『研磨』、『測定』、『判定』までを自動で行ってくれる黒鉛球状化率自動測定装置です。
研磨から、測定迄をトータルで行う為、高速に、安定した検査をする事が可能です。

評価版ソフト・カタログダウンロード

こんなお悩み解決します!
     
  • 研磨から測定までフルオートで黒鉛球状化率測定を行いたい。

研磨から測定まで自動で黒鉛球状化率測定


 ▼最大6サインプルを研磨から測定までを高速に自動実施
 ▼安定した検査を実現する検査装置
特徴1

研磨から測定までを自動化

研磨から測定までを自動化

最大6サンプルを、連続して6段階の研磨を行い、測定から判定までを自動で行います。
研磨開始から判定までは手作業所要時間の半分程度の4分以内(参考値)で行える為、大幅に検査工程を短縮する事が出来ます。

サンプル動画再生
特徴2

安定した検査を実現する検査装置

安定した検査を実現する検査装置

研磨砥石を円周状に6個配置して多段研磨による研磨品質の向上と装置のコンパクト化を両立しました。
試料ターレットを使用した事により連続運転にも対応しています。
また、試料冷却時エアブローに加えミスト噴霧を行い、冷却効率を高め研磨品質が向上しています。


主な機能


  ・6サンプル自動測定
  ・研磨、撮影、測定自動
  ・JIS G5502,5505, NIK(旧JIS), ISO16112 対応
  ・測定結果自動データベース保存
  ・測定結果Excel転送機能

スペック


構成 研磨+測定装置
デスクトップパソコン
仕様 対応OS Windows 7 Professional
CPU Pentium(R)プロセッサー 2.6GHz 以上
メモリ 2GB以上
HDD 320GB以上の空き容量
CD-ROM DVDスーパーマルチドライブ
ポート USBポート(プロテクトキー装着用)
アプリケーション Microsoft Office Personal 2010
カメラ構成 規格 UXGA(200万画素
XGA(80万画素)
VGA(33万画素)
有効画素数 1628×1236
1034×779
768×494
出力画素数 1600×1200
1024×768
640×480
撮像方法 単板式インターライン型
プログレッシブCCD

装置外観図

装置スペック
関連商品
黒鉛球状化率測定ソフト

黒鉛球状化率測定ソフト QuiciGrain G5502
JIS規格に準拠した黒鉛球状化率測定が行えます。

区切り
金属組織解析ソフト  QuickGrain Pro

金属組織解析ソフト QuickGrain Pro
金属組織のあらゆる解析、測定が可能です。

サンプル動画ダウンロード 評価版ソフト・カタログダウンロード
メールでのお問い合わせ