座標計算システム タイリング オプション

座標計算システム CCS-CORE フォーカス合成・タイリング オプション

フォーカス合成・タイリング オプションは『 CCS-CORE VideoPro 』のオプション機能です。
ステージの移動量を自動検出し、自動的にXY方向に画像をはり合わせます。高倍率で、広視野の画像を作成する事ができます。
特許取得のアルゴリズムにより、決してはり合わせ間違いが起きません。
また、フォーカス合成機能を使用すれば高倍率かつ、深度の深い画像を作成する事が出来ます。

こんなお悩み解決します!
  • 高倍率で、広視野の画像を作成したい。
  • 他社ソフトではうまくはり合わせ出来ない。(コントラスト差の無いサンプル等)
  • 高倍率で、全ての箇所にピントの合っている画像を作成したい。

レンズの視野と焦点深度を超えた画像を作成


 ▼どんなサンプルでも正確にはり合わせ可能
 ▼深度を超えた画像の作成
特徴1

どんなサンプルでも正確にはり合わせ

どんなサンプルでも正確にはり合わせ可能

従来、画像をはり合わせる場合、撮影画像の輝度差情報を元にはり合わせ箇所を決めていました。
よって、コントラスト差の無いサンプル等では特にはり合わせが出来ない等の問題がありました。
本機能を使用すれば、測定顕微鏡ステージの座標値を元に画像をはり合わせる為、はり合わせ間違いがありません。(特許取得)

サンプル動画再生


特徴2

深度を超えた画像の作成

深度を超えた画像の作成

ピント位置の異なる複数の画像を合成し、全面ピントが合っている画像を作成する事が出来ます。


スペック


※CCS-CORE VideoPro の拡張オプション機能の為、スペックはCCS-CORE VideoProと同一です。
関連商品
CCS-CORE VideoPro

CCS-CORE VideoPro
大画面モニタで更に効率的に測定。
製品のエッジを自動的に検出する等の機能を搭載。

区切り
QuickGrain Standard

画像寸法計測・粒子計測ソフト QuickGrainStandard
測定顕微鏡以外の光学機器に接続してタイリング、フォーカス合成する場合

サンプル動画ダウンロード
メールでのお問い合わせ